プロフィール

いのもとまさひろ

Author:いのもとまさひろ
イラストレーターいのもとまさひろの、仕事のお知らせや告知、そしてちょっと日記。

サイト「いのもと印」も、ぜひ見に来てください!

━─━─ ─━─━
キャラクターデザインを中心に、2Dで立体感のあるキャラクターイラストレーションをメインに、動きのある、いきいきした明るいかわいいキャラクターを描いています。

仕事紹介

ピカチューブ

僕はいつも仕事中、FMラジオを聞いています。1番お気に入りの番組は、FM大阪の「ピカキン」(金曜8:20~13:00)です。

AMのノリの2人の掛け合いがとても楽しいです。以前は、ほぼ同時間枠で「もぐもぐ」という番組名で、この2人の番組は木曜、金曜でした。「ピカキン」になって金曜だけになって、少々残念です。

で、番組内で紹介しきれなかったリスナーからのメッセージや、単にしゃべり足りなかった事などを、放送終了後に収録してピカキンのポッドキャスト「ピカチューブ」として配信されています。(数回に1度、動画配信)

この「ピカチューブ」内で最近、「ピカキン」リスナーじゃない方が「ピカチューブ」を聞いてファンになったというメッセージがたまに読まれています。「ピカキン」は、全国放送じゃないのに、地方の方にもこの面白さが広まっているようです。いちリスナーの僕までうれしいです。

ポッドキャストはこちらから聞けます。ピカキンサイト
【2008/05/30 15:31】 | 日記 | コメント(0) |
心に染みました

先日、本当に…本当に久しぶりにじっくり、しんみり、音楽を聞きました。あまりに気分が良くなって、お酒の量が多くなってしまいました。

イラストの仕事を始める前、音楽活動をしていました。その頃は、好きで聞いている意外に「引き出しを増やす為」という部分もあって聞いていました。

今、また違った感覚というか、素直に聞けるというか、何とも言えないものが体に走りました。たぶん、感動ってやつだと思います。今の自分の心境と、曲への思い入れの強さが相まって目がウルウルしました。ん~、こんな事は初めてです。いいものに触れている時、色々な意見をあーだ、こーだとデスカッションしている時間がたまらなく楽しい。もう、止まらない。

普段、音楽を聞いていますが、本当の意味で音楽を楽しんで聞いたのはイラストの仕事を始めてから初めてだったように感じました。

グラムロックやニューウェイブ、ブリテッシュロック(カタカタで失礼)辺りが、特に好きです。一応、ライブハウス活動している時はそういう音楽をしているつもりでした。

でも、寝る前にはいつもニック・デカロの「ウェル オブ ロンリネス」(カタカタで失礼)を聞いて、心を洗う儀式としていた事を思い出しました。久々に、染みました。気持ち良かった。

ただ、曲を聞いて当時の自分は何をしていたとか思い返すくらいは良いですが、心境までリアルには思い出したくない。人に認めてもらおうと必死で必死で、打ちのめされても必死で…。あぁ、思い返すだけでもつらい…。僕は、2年前、1年前でも思い返すのはイヤですから。つらいもんね~。もっともっと歳を重ねて、「必死だった若い頃が、1番楽しい時やったなぁ」と、つらさが無く言えるくらいに早くなりたい。まっただ中は、つい数カ月前を思い返すのもつらいもん。

----------------------
この前、ここへ僕がパンが好きという事を書きました。んで昨日、編集のYさんにデニッシュパンを頂きました。はぁ…すんごい美味しかったです。美味しくて、思わず目ぇつむって食べてました。ありがとうございました~!
【2008/05/27 09:39】 | 日記 | コメント(2) |
神戸

先日、野暮用で神戸へ。

中華街にはじめて踏み入りました。でも、御飯は横道にそれたお店で食べました。後から、ちょっと後悔。肉マンや胡麻ダンゴくらい、賑やかなお店で買ってみれば良かったなぁ。

一緒にいたKさんは「王将で食べよか?」。いや、せっかくここまで来てそれはちょっと…。
【2008/05/23 09:13】 | 日記 | コメント(0) |
花の台

すのこを利用して、花の台に作り変え。こういう作業は大好き。でも、花しか乗せない予定で作ったので、強度は強くない。この台を踏み台に上に登るのは無理。

右から、ハイビスカス(黄)・ハイビスカス(赤)・ミニバラ(赤)・ミニバラ(黄)。4つ共、鉢も揃える予定ですが、バラはもう少し後から~。
【2008/05/19 09:28】 | 日記 | コメント(0) |
サイト紹介2つ

メインのタッチの絵じゃないので、若干気が引けるんですが、僕がイラストを担当したサイトを2つお知らせです。

画像上/
神奈川県の「神奈川力構想」サイトのキッズ版。「かな太郎とかな子の冒険」

クイズに答えながら、神奈川県の取り組みを子供達にも知ってもらおう!というサイトです。

画像下/
数カ月前にも紹介しました、セイサク君でお馴染みの村田製作所のキッズ向けサイトエレきっず学園

TOPページは、フラッシュで色々なしかけがしてあります。セイサク君の詳しい紹介もあります。

ここ数年で、Mac OS9で正しく見れないサイトって増えましたね~。困りますね~。時代について行っていない僕がダメなのか?共感する人ってまだまだ結構いますよね?

あ、それと、サイトの「GALLERY~WORKS」更新しました。いくつか絵を載っけました。といっても、このブログで1度は紹介しているものばかりですけど。
【2008/05/15 13:54】 | WORK & お知らせ | コメント(0) |
読書

DVDレンタルで「秘密」を見た。邦画でこんなに夢中になって見たのは、初めてかもしれません。さらに僕はSFが好きなので、本来好きなジャンルではないかもしれませんが、今回はかなり見入りました。

僕は、どちらかと言えば読書家じゃないので、読む本といえば宇宙物理をはじめとした、サイエンスものや、好きな著名人の自伝くらいです。

その僕がここ半年ちょっとくらいで小説を読むようになりました。読書の楽しさを、30半ばでやっと知ったという感じでしょうか。とても新鮮です。新しいおもちゃを手に入れた気分です。そういや、勉強する楽しさを知ったのも30になってからだと思います。何に関しても成長の遅い僕なので、まぁしょーがないです。

でも、本に限らず漫画でもなんでも、物凄く読むスピードが遅いです。なので半年ちょっとにしては、僕なりに結構読んだ方じゃないかと思います。その中のひとつ、東野圭吾の「秘密」も読みました。

これが映画になっているという事で、見てみたいと思いました。原作を読んでから映画を見るという事をしてみたかった。2時間位の映像にどうのように凝縮されているのかとか、どのエピソードがカットされているのか、設定はどこが変わっているのかとか、映画という表現でどんな作品になっているのか…を、見たかった。

ストーリーにのめり込んでしまう、引き込まれ感(?)は原作の方があると思いました。大抵の小説で、そうなってしまうのかな?読み手の頭の中にある映像と、実際に映像化されたギャップも「同じや!」とか「あぁ、それもアリなんや~」と、面白かったです。最後のオチが1部変わっていましたが、映画というエンターテイメントでは変わっていた方が正解なんだろうなぁと感じました。(こういう見方ができたのも、よかったです)

いつも文庫で買うので、最新作は読めません。しかし、600円やそこらでこの面白さ。安いなぁ~。昨日、また新しい本を買ってきました。

小説で体験する事は、実体験ではないけれど、疑似体験ってところかな。人生観を豊かにするというのは、一理あるなぁと実感。いや~、読書家の人ってこんな面白い事をズ~ッと前から知ってたんだなぁ。いいなぁ。
【2008/05/12 16:28】 | 日記 | コメント(0) |
USJ

GW中に、USJへ行ってきました。

今年は平日を挟んでのGWで、大型連休にならない人が多いようで、かなり空いてました。混雑時は、何か見ようと思っても2時間待ちは普通だそうです。この日は15分待ちとか全般的にそんな感じでした。15分でも、行列待ちするのが大嫌いな僕には耐えた方です。終止40分待ちのターミネーターは、入らずでした。

昔のいわゆる「遊園地」的なモノと比べると、いや~わかってはいたけど、凝ってますね~ハイテクですね~。3D&疑似体験の類が大好きなので、そういうアトラクションは楽しみました。何回も入りたかったけど、予想外に酔うのでやめました。

でっかい街と化してて、アトラクションに入らずともブラブラしてても楽しいです。知り合いのイラストレーターのNさんが、USJの中で似顔絵をしていたので描いてもらおうと思いましたが、これまた大盛況で…、一言も挨拶できないまま後にしました。

全般的に着ぐるみ達は、男と一緒に写真は素直に写ってくれません。ジョークのつもりか、余計な事をします。ちょっとなら楽しいんでしょうけどね。「いつまでボケんねん、そんな長くやったら寒いって、間もクソもなくボケ続けるな!」って感じでちょいしつこい。女性は、すんなり写ってくれます。僕も過去に着ぐるみに入っていた事があるせいか、どうしてもキャラクターには見えず単に普通の人に感じてしまいます…。

夜の「ピーターパン」は、もうビックリしました。完成されたミュージカルでした。やらしい話、この位のミュージカルを劇場とかに見に行ったら、USJの入場料以上の金額するだろうなぁと思いました。しかも、夜の屋外なのでまた違った雰囲気のショーです。すんげー。
【2008/05/07 10:10】 | 日記 | コメント(0) |
| ホーム |